漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「色」という漢字
「色」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「色」は小学2年生で習います。「色」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「いろ

 ア:「の反射の程度によって受ける種々な(色々な)感じ
    しょく。しき。
」(例:空は青色、配色、色紙)

 イ:「染料(「ア」を付ける)。。しょく。
   (例:色を塗る、着色料)

 ウ:「写真・印刷で、以外の「ア」」(例:色刷り)

 エ:「の「ア」」(例:色の黒い)

 オ:「の表情。しょく。しき。」(例:きの色が見える、気色)

 カ:「目つき(見るの状態)」(例:の色を変える)

 キ:「態度」(例:反省の色がられない、色よい返事)

 ク:「自然と感じられる雰囲気・様子。しょく。しき。
   (例:敗北の色が濃い、遜色、景色)

 ケ:「種類」(例:色とりどり、色々)

 コ:「華やか」(例:オリンピックに色を添える)

 サ:「などの響き」(例:音色、声色)

 シ:「の恋愛にする」、
   「夫婦ではないの肉体関係」(例:色に溺れる)

 ス:「女性の美しい。しょく。」(例:色に迷う、才色)

 セ:「恋人」(例:色を作る)

 ソ:「古代・中世、地位・身分によって定められた衣服の「ア」

 タ:「(喪服の)濃い

 チ:「婚礼や葬式のとき着る

 ツ:「人間の自然な動き

 テ:「かわいがって大事にする気持ち」、「愛する気持ち」、
   「思いやり

 ト:「女性のなどがいたように明る美しいさま

 ナ:「恋愛が好き

 二:「躍りにより楽しませ、との性行為(子作り
    をするに使用する性器を使った行為)をも行う


②「セックス(男性の勃起した性器を女性の腟内に挿入して
   前後に運動させ、最終的に射精する行為)
」(例:色欲)

③「現れ全て(仏教語)」(例:色界、色即是空)

⑦「彩(いろど)る」、「飾(かざ)る」(例:潤色)

⑧「の表情が変わる変える」(例:色然)

成り立ち

会意文字です(ク()+)。「ひざまずく」の象形と「ひざまずく

がある
」象形から愛する気持ちを意味します。それがじて

(派生して・新しい意味がかれて)、「の表情」を意味する

「色」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「シャク」、「シキ

訓読み:「いろ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「しこ」、「つや

画数

6画

部首

色(いろ)

「色」を含む漢字一覧

部首解説:
「色」をもとにして、「いろ」に関係する漢字ができている。

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

みんなにヘタクソな字を見られたら、とても恥ずかしいですし、
読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、今すぐ資料をもらっておきましょう。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る