漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「逸/逸」という漢字
「逸/逸」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「逸」は中学生で習います。「逸」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はしる

 ア:「逃げる」、「逃げ去る」(例:逸散)

 イ:「逃がす

 ウ:「それる(通るべき筋道をはずれて、思いがけない方向へ行く)」、
   「わきみちに離れて行く

 エ:「そらす

②「なくなる」、「見失う」(例:散逸)

③「隠れる」、「世間から隠れる」(例:逸民)

④「世間に知られていない」(例:逸話)

④「足が速い」(例:逸足)

⑤「優れている(抜きん出ている)」(例:秀逸、逸材)

⑥「楽しむ」、「喜ぶ」、「安心する

⑦「誤る(間違える、失敗する)」、「過ち(間違い、失敗)

⑧「男女関係がみだらな事(不倫や二股や不特定多数の
  性行為(SEX)をしたりする)
」(例:淫逸)

⑨「許す」、「放つ」、「離してやる

⑩「ほしいまま・気まま(自分のしたいようにするさま)」(例:放逸)

⑪「ゆるやか

成り立ち

会意文字です(辶(辵)+免())。「立ち止まる・十字路の象形」(「行く」の

意味)と「うさぎ」の象形から、うさぎが逃げるを意味し、そこから、「逃げる」、

それる」、「見失う」を意味する「逸」という漢字が成り立ちました。

※「逸」は「逸」の略字です。

※「逸」は「逸」の旧字(以前に使われていた)です。



読み

音読み:「イツ

常用漢字表外:「イチ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:
うしな(う)」、「すぐ(れる)」、「そ(らす)」、
そ(れる)」、「はぐ(れる)」、「はし(る)」、「はや(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
すぐる」、「とし」、「はつ」、「はや」、「まさ」、「やす

画数

11画」(逸)

12画」(逸)

部首

辵・辶・⻌(しんにょう(之繞)、しんにゅう(之繞))

「辵(辶・⻌)」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が書けるようになります(^^♪

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です(*^▽^*)

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

細かく解説してくれており、
とてもキレイな字が書け、周りの評価が高くなります(^^♪

また、自分が書いた字を見て、
恥ずかしい情けない】と感じなくなりますよ(^^♪

通信講座(添削指導あり)の受講料は、
29,800円(税込)ですが、資料は無料でもらえる
ので、資料請求してみて下さい。

※資料請求には、氏名郵便番号住所電話番号
 記載が必要ですが、字が汚いのは、非常にダサくて
 恥ずかしい
ので、今すぐ資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る