漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「惜」という漢字
「惜」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「惜」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おしむ

 ア:「残念に思う」、「悲しむ」(例:別れを惜しむ)

 イ:「金品などを出すことを、もったいないと思う」、
   「手離したくないと思う

 ウ:「大切にする

 エ:「愛する」、「かわいがる

②「おしい

 ア:「大切なものを失いたくない」、「もったいない(物の価値を十分に
    生かしきれず無駄になっている、無駄になってしまった)

   (例:惜しい人物を失った)

 イ:「もう少しのところで実現されずに終わって残念だ」(例:惜しい結果)

 ウ:「かわいい」(例:いと惜しい)

成り立ち

形声文字です(忄()+)。「心臓」の象形と「積み重ねた肉片の象形と

太陽の象形
」(「太陽に干した肉、ほじし」の意味だが、ここでは、「楚(そ)」に

通じ(「楚」と同じ意味を持つようになって)、「とげのあるバラ」の意味)から、

心を突き刺す痛みを意味し、そこから、「おしむ」、「おしい」を意味する

「惜」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「セキ

常用漢字表外:「シャク

訓読み:「お(しい)」、「お(しむ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

11画

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】の無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が書けるようになります。

キレイな字が書けるようになると、

・【字が汚い】と指摘されなくなる

・自分が書いた字を見て、
 【恥ずかしい情けない】と感じなくなる

ので、今すぐ無料資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る