漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「匂」という漢字
「匂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「匂」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「におい」(反意語:)

 ア:「そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの

 イ:「つや・光沢(光の反射による、物の表面の輝き)

 ウ:「おもむき(自然と作り出される(いい)雰囲気)
   (例:都会の匂い)

 エ:「日本刀の刃の面に見える模様

 オ:「衣服を重ねて着たときの色のわせが、濃い色から
    しだいに薄くなっていくもの


 カ:「鎧 (よろい) を構成する細長い小板に結びつけた革や糸の
    配色が、濃い色からしだいに薄くなっていくもの


 キ:「視覚を通して見られる、鮮やかに美しい色。特に赤色に
    ついていう。


 ク:「人の内部から立ち現れる、豊かで生き生きした美しさ

 ケ:「花が開いたように、明るく人目を引きつけ、見た感じがよいこと

 コ:「声が豊かで張りがあり、美しいこと

②「におう」(反意語:)

 ア:「よいにおいを鼻に感じる

 イ:「光を受けて美しく輝く

 ウ:「おもむき(自然と作り出される(いい)雰囲気)がある

 エ:「鮮やかに色づく。特に、赤く色づく

 オ:「内面の美しさなどがあふれ出て、生き生きと輝く

 カ:「他からの力添えを受けて、栄える(勢いが盛んになる)

 キ:「衣服を重ねて着たときの色のわせなどで、濃い色から
    しだいに薄くなっていく


 ク:「美しく色を染める

成り立ち

象形文字からの変形した国字です。「弦楽器の調律器(楽器の音の高さ

整える器具)
」の象形から、「整う整える」の意味を表したが、それを

日本で「におい」の意味に用いた上、文字の一部を「ニオヒ」の「ヒ」に

改め、「におう」、「におい」を意味する「匂」という漢字が成り立ちました。


「匂」という漢字は、平安時代に日本で作られました。


読み

音読み:なし

訓読み:「にお(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

4画

部首

勹(つつみがまえ(包構))

「勹」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が書けるようになります(^^♪

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です(*^▽^*)

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

細かく解説してくれており、
とてもキレイな字が書け、周りの評価が高くなります(^^♪

また、自分が書いた字を見て、
恥ずかしい情けない】と感じなくなりますよ(^^♪

通信講座(添削指導あり)の受講料は、
29,800円(税込)ですが、資料は無料でもらえる
ので、資料請求してみて下さい。

※資料請求には、氏名郵便番号住所電話番号
 記載が必要ですが、字が汚いのは、非常にダサくて
 恥ずかしい
ので、今すぐ資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る