漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「雛」という漢字
「雛」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「雛」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひな

 ア:「からかえって(て)最初のえ揃うまでの。また、
    から餌(えさ)をもらっている時期の。ひよこ。すう。

   (例:雛が生まれる、雛鳳、育雛)

 イ:「ひな人形(33ひな祭りに女の子が元気に
    成長する祈る飾る人形)の
」(例:雛を飾る)

ひな祭りとは女の子が元気に成長する祈る行事。

 ウ:「名詞にいて、小さい、かわいらしいの意味を表す
   (例:雛菊)

②「子供。まだ、一人前でない」(例:雛孫)

一人前とは、ア:20以上のイ:能力が世間(人々が集まり生活
  している)で認められる基準(レベル)にしている


成り立ち

形声文字です(芻+隹)。「集めんで取る」象形(「刈る

の意味だが、ここでは「」に通じ(「」と同じ意味を持つようになって)、

「小走り(小さい歩幅で走るようにいで歩く)する」の意味)と「

短いずんぐりした(っていて低い)小鳥
」の象形から、小走りする

小鳥「ひな」を意味する「雛」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「」、「スウ」、「ジュ

訓読み:「ひな

画数

18画

部首

隹(ふるとり(古鳥)

「隹」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が簡単に書けるようになりますよ(^^♪

資料請求には、氏名郵便番号住所電話番号
記載が必要ですが、バランスの良い美しい字が書ける
ようになるので、今すぐ資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る